オメガ・ロレックスのオーバーホール専門店ゼウス(東京・大阪)
メーカーよりもリーズナブルな料金で親切・丁寧に全国対応いたします。

  • 見積り期間

    5DAYS

  • 修理期間

    3WEEKS

時計の状態により、修理期間に1~2ヶ月かかる場合もございます。

COLUMNコラム

2021.07.01
オーバーホールの必要性は時計内部の状態を確認する事で、外からは確認する事が出来ません。潤滑油が蒸発してしまったり、凝固する事で部品同士が摩耗してしまい、精度を損ねてしまう事が多々あります。防水機能はパッキンが経年劣化してしまうと本来の防水機能を発揮できずに汗や水分の侵入が見受けられます。気になる点がありましたら時計修理ゼウスまでご依頼ください。

2021.06.29
時計修理ゼウスは東京に工房がありますが、全国から数多くのオーバーホールのご依頼をいただいております。フォームからお見積り依頼をしていただき、無料梱包キットをご注文いただければスピーディに対応させていただきます。オーバーホールのご依頼につきましてはお見積りを見ていただいてから決めていただいておりますのでご安心ください。

2021.06.24
どの時計にも言える事なのですが、オーバーホールのご依頼が来る際に多いのが、「購入してから一度もオーバーホールした事がない」という事です。オーバーホールと修理は完全に別物で、オーバーホールをする際に修理が発生しますので、愛用している時計ならば3~4年に1度はオーバーホールをオススメしています。

2021.06.22
オメガののコレクションで特に多いのがスピードマスター修理・オーバーホールです。時計修理ゼウスでは、アンティークモデルから現行モデルのコーアクシャル機構のオーバーホール依頼をたくさん受けていますが、他店でコーアクシャル機構で受付不可があっても当店にご依頼いただければご対応が可能です。

2021.06.17
オメガのはスピードマスター、シーマスター、コンステレーション、デ・ヴィルのコレクションがあります。時計修理ゼウスでは、オメガのパーツに関しては純正パーツを豊富にご用意しておりますので、可能な限り純正パーツでオーバーホールの対応させていただきます。

2021.06.15
時計修理ゼウスでは、オーバーホールの料金を安く感じますが、メーカー依頼と比較していただいてもご納得いただける価格設定となっています。そこから部品代を含めていくらかかるのか、見積もりを取っていただいて、ご依頼をいただいてからオーバーホールに入らせていただいてます。

2021.06.10
時計修理ゼウスでは「コーアクシャル機構」のオーバーホールも受付可能となっています。難しいとされている部品調達も問題なく供給ルートがございますので、他店で断られてしまった愛用の時計も当店にお任せいただければオーバーホール・修理対応は可能です。断られてもあきらめずに是非、時計修理ゼウスにご依頼ください。

2021.06.08
ゼウスのオーバーホールがリーズナブルな価格帯にできるのはオメガユーザー様が多いからこそできる価格設定です。お客様のオーバーホールの敷居を下げる事で定期的なメンテナンスをしていただくためです。1本1本丁寧にオーバーホール・修理を行っておりますので、見積もり後は丁寧かつ迅速に対応させていただきます。

2021.06.03
「ゼウス」ではオメガの時計修理・オーバーホールを承っています。オメガに限らず、メーカー正規のアフターサービスに修理などの依頼をするとまだ使える部品でも交換対象になる事もあるので費用がその分高くなる場合があります。「ゼウス」では何が必要なのかをお客様に説明した上で、ご了承いただいてからオーバーホールをいたします。

2021.06.01
オーバーホールの判断は基本的に3~4年に1度です。費用については、お使いの時計の状態で必要な期間や費用が大きく変動します。つまり大事に愛用しているオメガの時計を長持ちさせるためには、日ごろのセルフメンテナンスも重要であり、セルフメンテナンスは外側部分のみだけですので、オーバーホールみたいな内部洗浄は愛用する上で非常に重要なのです。

2021.05.27
オメガの時計を長期的に愛用するのであれば、機械式でもクォーツ式でも関係なく定期的なメンテナンスが必要です。つまりオーバーホールするのは壊れたてから、または異常をきたしてからではなく、問題なく使用している時に3~4年に1度のタイミングに行うものです。経年劣化はどんな物にもついてきます。

2021.05.25
オメガのスピードマスターは機能・デザイン・精度どれをとっても完璧です。精度が高い時計のオーバーホールほど細心の注意が必要ですし、供給パーツが市場に流れていたのは一昔前で、現在は供給停止している状態です。当店では独自のルートを確保していてオメガの時計であれば基本的にお断りする事はございません。

2021.05.20
時計のオーバーホールの基本となるのは技術面や安心感、価格などを比較して総合的に考えると、ベストな依頼先は時計修理専門店となります。しかし時計修理専門であればすべてが高い技術力があるとも限りません。過去の実績や電話相談などできちんと疑問に答えられるかが大きなポイントとなってきます。

2021.05.18
オメガの腕時計の最適なオーバーホールの期間は、機械式時計であれば3~4年に1度、電池式時計で4年に1度、コーアクシャル機構であれば8~10年に1度といわれています。コーアクシャル機構は、時計のメンテナンス頻度の軽減を目指して開発されたため、摩耗が少なく壊れにくいのが特徴です。それでも中の潤滑油の事もあるので、4年~5年に1度のオーバーホールが妥当と言えます。

2021.05.13
オメガのオーバーホールに限定せず、他種の高級時計のオーバーホールを行っております。 いままで数多くのオメガのオーバーホール・時計修理を行ってきましたが、当店の強みとしましては、国内では取り扱いが出来ないオメガの修理でも数多くのオーバーホールを行ってきました。スピードマスター・シーマスター・コンステレーションなど安心してご依頼いただければ対応できます。

2021.05.11
オーバーホールは修理という括りではなく、大切な腕時計と末永くお付き合いするために行う事であり、壊れたからといってオーバーホールをするわけではありません。腕時計本来の性能、輝きを取り戻すために、時計修理ゼウスはオーバーホールに全力を尽くさせていただきます。他店で断れてしまった、オメガの腕時計の修理・オーバーホールは是非、時計修理ゼウスにお任せください。

2021.05.06
大事にしていたオメガが突然動かなくなったり、落とした拍子に壊れてしまった、時間がかなりずれてしまった。こういった声はオメガに限らずどの時計にもいえる事です。時計は精密な機械であり、G-ショックのように落としても大丈夫な設計にはなっておりません。時計修理ゼウスはこれらのお困りの方に対して解決する技術と経験と実績があります。時計修理はゼウスにお任せください。

2021.04.29
オメガのスピードマスターの修理・オーバーホール専門店ゼウスでは、アンティークモデルから現行モデルのコーアクシャル機構まで、何千もののスピードマスターのオーバーホールの依頼を請け負ってきました。他店では断られやすいオメガのコーアクシャル機構についても純正パーツで最高のメンテナンスを保証いたします。オメガのオーバーホールについてはゼウスにお任せください。

2021.04.27
オメガのスピードマスターのオーバーホール基本料金はリーズナブルな価格設定にさせていただいております。けれど部品代や工賃が上乗せされて、結局高額な修理になると感じる方もございます。 ゼウスでは、最終的にお客様がお支払いしていただく金額をお問合せにして回答させていただいて、なおかつ電話でのご相談も可能です。ほとんどのお客様が直接お電話し、質問して納得される事が多いです。オーバーホールは見えない作業だからこそ分かりやすくご説明させていただきます。

2021.04.22
オメガはスピードマスターだけでなく、シーマスター、コンステレーション、デヴィルといったたくさんのコレクションを有しており、スピードマスターだけでもたくさんのモデルがあります。一つのコレクションの中からでもこれほどモデルがたくさん存在するのは中々なくそれだけユーザーも多い事を意味します。当店はオメガのスピードマスターに限定せず各コレクションのオーバーホールに関しても独自のルートでパーツを供給しており対応不可という事はほとんどございません。

2021.04.20
時計修理専門店にオーバーホールを依頼するメリットは、正規メーカーと比べると比較的に価格設定が依頼しやすい金額となています。自社工房があるところは技術力を向上できます。さらに独自のネットワークがある当店では、オメガのオーバーホールの時計であれば基本的に受付不可はございません。オメガにも色々な仕様の時計がありますので、LINEなどでお問合せも可能です。

2021.4.15
オメガのオーバーホールの依頼先を選ぶ時、3つに分けられます。正規メーカー、時計修理専門店、家電量販店にわけられ、それぞれにメリット・デメリットありますが。料金だけを見るなら正規メーカー>家電量販店>時計修理専門店の料金になります。リーズナブルにオーバーホールをしたい場合、時計修理専門店に依頼するのが一番お得と言えます。

2021.4.13
オメガのオーバーホール周期は「コーアクシャルムーブメント」であれば「8~10年」と推奨されていますが、内部の潤滑油の事を考えると4~5年に1度はオーバーホールをする事が良いです。 細かい機械式のパーツの強度を踏まえて8年以上とはなっていますが、高頻度で装着するのであればやはり最低でも4年に1回のオーバーホールを推奨します。

2021.4.8
機械式は3~5年に1度、クォーツ時計は4年に1度のオーバーホールをオススメします。 あくまで一般的な目安であり、オメガ時計がすべてに該当するわけではないですが、着用時間の長さや、使用頻度によって時計の消耗具合も変わってきます。少しでも時計の不調を感じたら時計修理ゼウスにご相談ください。一般的な目安に関係なく、オーバーホールは定期的な時計のメンテナンスです。

2021.4.6
オメガの時計は、オメガ独自の「コーアクシャル機構」のムーブメントを採用しています。「コーアクシャル機構」は、摩耗が少なく壊れにくく、オーバーホール期間も長く済むのが特徴なのですが、非常に複雑な構造ですので、それを扱える技術をもつ時計職人の腕が必要とする時計なのです。ゼウスはオメガの「コーアクシャル機構」でもオーバーホールを得意としていますので、お困りの際はお問合せください。

2021.3.30
オメガのオーバーホールを出す時に目安になるのは、主に料金、スピード、技術力の3点ではないでしょうか。安ければいいという物でもないですし、仕上がりだけが早くてもいいというわけでもなく、やはり技術力のウェイトが重いです。この頃、コーアクシャル機構は受付不可のところも増え、技術力を懸念する工房が増えているのも事実です。技術力が低いと最悪の場合、症状が悪化する事がありますので、大事な時計のオーバーホールをご検討の際は時計修理ゼウスにお任せください。

2021.4.2
自動巻きの時計ってつければ自動で巻かれて自動で動く。購入して数年はその通りなのですが、時間経過とともに内部劣化を起こします。時計内部の状態は、外から確認する事は出来ませんし、裏蓋が透明になっているからといって普通の人はわかりません。潤滑油が蒸発している可能性もありますし、部品同士が擦れてしまって傷ついたりする事で時計本来の精度が損ねる事があります。愛用している時計だからこそ3~4年に1度はオーバーホールをしていただきたいものです。

2021.3.26
オメガのオーバーホールについてですが、「なぜ時計にはオーバーホールが必要なのか」「モデルによってオーバーホール費用に違いはあるのか」「どこに依頼すればいいのか」「オーバーホールする際はどうすればいいのか」悩みはたくさんあると思います。ゼウスではそのような疑問でも細かく対応する事が可能ですので、ぜひお問合せください。

2021.3.19
ゼウス行ったオーバーホールについては、12ヵ月間保証されています。万が一不具合が生じた場合は、保証対象内の不具合であるとゼウスで判断した場合には再度部品の交換や調整等のサービスを無償でご提供いたします。 通常使用による摩耗や損傷、事故や過失によって生じた故障や損傷は保証の対象にはなりませんのでご注意ください。

2021.3.12
オメガウォッチは愛用する方は、その性能ゆえにオーバーホールをそこまで重要視していない事が多々見受けられます。本来どんな高級時計もオーバーホールは3~4年に1回は必須になります。中の潤滑油の劣化が最大のポイントです。防水についてもガスケット経年劣化や日常の生活環境によっても変化いたします。些細なメンテが長期愛用の秘訣です。オメガの時計全般対応しておりますので是非ご相談ください。

2021.3.6
オメガのオーバーホールの周期は3~4年として考えるのが妥当です。オーバーホールは修理と違って、稼働開始当時の状態に極力戻していく事で、修理とは異なります。しかしオーバーホールを修理と考える人もいますが、それはオーバーホールをする際に修理が必要になった一部にすぎません。オーバーホールをし、ポリッシュ仕上げをした後綺麗になった時計で皆さんのモチベーションがさらに向上できるように時計修理ゼウスはご協力致します。

2021.3.4
時計修理ゼウスでは、他店から修理をお断りされてしまった時計の取り扱いが多いです。例えばオメガのコーアクシャル機構の修理、オーバーホールの依頼はパーツ供給の関係で取り扱い不可のところが増えてきているためです。独自の純正パーツを供給できるからこそできるサービスです。オーバーホール、時計修理をお考えの際はご相談ください。

2021.3.1
オメガのオーバーホールの依頼でスピードマスターが多いと先日、お話しましたが、ロレックスのデイトナの依頼も増えてきました。デイトナマラソンという言葉があるように、憧れの高級時計と考える人も多く、その分オーバーホールの難易度が高いため受付不可の時計修理のところが増えています。そのように断られた時計でも当店で扱いは基本的に可能ですのでご相談ください。

2021.2.27
スピードマスターのオーバーホール依頼数が多いのはそれだけ人気のある高級時計で、コストパフォーマンスも非常によく、値段以上に性能が伴っているからと言われています。1ヶ月で100本近くオーバーホールをする割合でもスピードマスターが群を抜いて多いため依頼された以上のクオリティをご提供できると思っております。

2021.2.24
オメガのパーツは現在供給停止状態になっています。しかし、ゼウスは独自のルートを保有して、今なお年間で数百本のスピードマスターを始めオメガのコレクションのオーバーホールを多数依頼を受けています。高品質の純正パーツから純正パーツよりも精度の高いジェネリックパーツまで、取り扱っておりますので、要望に合わせてご相談ください。

2021.2.20
オメガのスピードマスターは、歴史がありオーバーホールの依頼が最も多い高級時計になります。しかし、スピードマスターのオーバーホールを依頼したくて他店の時計屋に持ち込みして断られるケースが近年増えているそうです。時計修理ゼウスは独自のパーツ供給を実現しているため、オメガのオーバーホールを検討の際はお問い合わせください。

2021.2.19
オメガのサービスに、「コンプリート メンテナンス サービス」がありますが、主に、ムーブメントのオーバーホールや摩耗した部品の交換になります。ゼウスのオーバーホールもケースの分解からムーブメントの洗浄、摩耗した部品を交換いたします。他店で断られたオメガのオーバーホールがございましたらまずは当店にご連絡ください。

2021.2.17
オメガのオーバーホール料金がなぜメーカーより安く設定できるのかというと、オメガユーザーが多いからこそ出来る価格設定になっております。スピードマスターは人気のクロノグラフであり、定期的にオーバーホールのご依頼の多いスポーツウォッチです。ゼウスのメンテナンスはリーズナブルな価格帯で確かな技術をご提供いたします。1本1本丁寧にオーバーホールや時計修理を行います。

2021.2.15
"スピードマスター"はクロノグラフですので、通常の2針、3針と異なり内部機構が非常に複雑になっています。"オーバーホール"についても必要部品も多くなり、細かい作業となりますので愛用の"スピードマスター"が修理する事態になる前にオーバーホールをおすすめします。完了後は厳しいテストに合格した時計だけをお客様に納品させていただきます。

2021.2.12
"オーバーホール"とは愛用している時計を長期的に使用するために、定期的に行う「分解洗浄」の事です。壊れてから修理するのとは違い、壊れていなくても3~4年に1回を時計内部をオーバーホールする事で安定性を保つ必要があります。オメガの時計内部は非常に複雑に作られていて、100を超えるパーツで組まれており、オーバーホールは専門知識を必要としていますので、ご依頼をオススメ致します。

2021.2.10
オメガの時計は定期的に最適なお手入れをすれば生涯にわたって正確な時間を刻みます。オーバーホールの頻度は時計の使用状況で左右され、着用環境で変わります。防水性能はガスケットの経年劣化から日常の衝撃でも影響を受けます。防水メンテについては1~2年に1回はおすすめですし、3~4年に1回はオーバーホールをおすすめします。

2021.2.5
オメガの時計は非常に精巧で精度の高い時計として知られています。オーバーホールを行う事で、性能を損なわずに正確な時を刻みます。大事な時計ほどメンテナンスは絶対に必要としていますので、スピードマスターに限らず各コレクションのオーバーホールは常に受付させていただいております。