オメガ・ロレックスのオーバーホール専門店ゼウス(東京・大阪)
メーカーよりもリーズナブルな料金で親切・丁寧に全国対応いたします。

  • 見積り期間

    7DAYS

  • 修理期間

    4~6WEEKS

時計の状態により、修理期間に2~3ヶ月かかる場合もございます。

COLUMNコラム

2022.09.29
スイスの高級腕時計メーカー・オメガ。オメガのフラッグシップモデルといえば、ご存知「スピードマスター」です。NASAの厳しいテストに耐え抜き、宇宙飛行士たちの活動を支えた腕時計でもあるスピードマスターは、今なお多くの人々の憧れを集めて止みません。ゼウスでは、スピードマスターをはじめとするオメガの腕時計のオーバーホールや修理のご用命を承っております。

2022.09.27
高級腕時計の魅力は、現行のアイテムを追いかけるだけでなく、過去にリリースされたものを購入して楽しむということもできるという点です。アンティークモデルをこぞって収集されているという愛好家の方も多いと思います。そんなアンティークモデルの腕時計について回るのが、修理やオーバーホールに必要な部品の問題です。ゼウスでは、オメガをはじめとする高級腕時計の修理・オーバーホールに必要となる部品をほぼ入手可能な環境を整えているほか、本場・スイスで生産された高精度のジェネリックパーツのご用意もございます。

2022.09.22
オメガのダイバーズウォッチと言えば「シーマスター」です。1848年の創業からちょうど100年の1948年に誕生して以来、伝説のダイバー・ジャック・マイヨール氏をはじめとする多くのダイバーの活動をサポートしてきた腕時計です。シーマスターをはじめとする様々なラインの腕時計を展開するオメガ。そんなオメガの腕時計の修理・オーバーホールのご相談は、私どもゼウスにお任せください。

2022.09.20
「オメガのオーバーホールはオメガに相談すべき、と思って見積依頼を出したら、思いのほか高額で依頼できなかった」こういった経験をお持ちのオメガユーザーの方は少なくありません。オメガに限らず、メーカー本家で行う修理やオーバーホールは、意外と高くついてしまうものです。ゼウスでしたら、お求めやすい価格かつ確かな作業で、お客様がお持ちのオメガの腕時計のオーバーホール対応を行います。どうぞお気軽にご相談ください。

2022.09.15
オメガに代表される高級腕時計につきものなのが、定期的なメンテナンス、そしてオーバーホールです。初めてそれらの時計を手にされた方にとって、メンテナンス・オーバーホールを行うべきタイミングがいつなのかは知っておくべき情報のひとつと言って良いでしょう。使用の状況によって差異は生じますが、一般的には3~5年に1度行うのが目安と言われています。メンテナス・オーバーホールのご相談は、時計修理のゼウスにお任せください。

2022.09.13
アクション映画界の名キャラクターと言えばご存知007ことジェームズ・ボンド。そんな彼の手首に巻かれているのが、スイスの高級時計メーカー・オメガの腕時計です。彼に憧れ、オメガを購入された方も多いと思います。オメガの腕時計の修理・オーバーホールのご相談は、私どもゼウスにお任せください。

2022.09.08
「時計の修理を頼んでみたけれど、断られてしまった……」そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。例えばオメガの腕時計の場合、独自に採用されているコーアクシャル(脱進機)の修理のために必要なパーツが供給事情の関係で取り扱えず、受付自体を断っている修理業者も少なくありません。ゼウスは、欧州の時計パーツ店と提携することにより現行品・アンティーク品を問わずオメガの修理が可能となっております。

2022.09.06
高級な腕時計は身に着ける人の格や位をぐっと引き上げるアイテムです。それだけに、定期的なメンテナンスを怠ると不具合が生じ、最悪の場合修理すらできなくなってしまう可能性があります。ゼウスでは、オメガをはじめとする高級腕時計のオーバーホールを承っております。

2022.08.30
ロレックスは時計として非常に人気をあります。資産としても注目されているゆえに、オーバーホールの必要性、重要性として考えても必要不可欠なのです。 ロレックスは故障していても買取してくれる業者も多いので、それだけ価値がある時計なのです。多少の金額がかかる事があっても長期的にロレックスを愛用するのであればオーバーホールは大切な事です。

2022.08.25
腕時計のオーバーホールは、パーツ単位まで分解し、洗浄・組み立てをし、新品同様の性能状態に戻す作業のことを指します。オーバーホールは修理とは異なりますので、不具合が出なくても行うことで、より長くその腕時計と付き合っていくことができます。ゼウスでは、オメガをはじめとする様々な高級腕時計のオーバーホールの対応を行っております。

2022.08.23
ロレックスのオーバーホール費用は、モデルによっても異なってきます。交換部品が無ければ値段は基本料金などで済みますが、部品交換が必要になった場合、値段が少し増える事があります。モデルによってムーブメントの構造も違ってきますし、修理費用も変わってきます。コスモグラフになればパーツは非常に多く、オーバーホールをお断りしている時計修理店もあるぐらいです。

2022.08.18
オメガに限らず、高級な腕時計は持ち主の方にとってとても大切なものだと思います。大切なものだからこそ、親切丁寧な対応ができるお店に任せたいものです。時計修理のゼウスは、お客様からお預かりした時計を確かな技術と真心を込めてひとつひとつを丁寧にメンテナンス致します。もしもの時のアフターフォローも万全ですので、お気軽にご相談ください。

2022.08.16
ロレックスの腕時計だからといって、オーバーホールしなくて済むと考える方がごくまれにいますが、それは大きな間違いで、どんな機械でも日常的に使用しているのであれば、オーバーホールは間違いなく必要不可欠です。そこの部分をケチってオーバーホールせずにそのまま使った時、壊れた時の修理費が高くなるのが高級時計の特徴です。逆に定期的にオーバーホールを行う方が実はリーズナブルに済んでしまうのも高級時計に良いところです。

2022.08.02
ロレックスの正規メーカー依頼と時計修理専門店のオーバーホール依頼で、正規メーカーに依頼する事のデメリットとしては「オーバーホールの期間」の長さと「価格」が時計修理専門店と比べた時、長くなってしまう事や、割高になる事ではないでしょうか。時計修理専門店にオーバーホールを依頼するメリットはこの部分が約半分で済んでしまうのが大きいです。

2022.07.26.
ロレックスのオーバーホールをする際に、どこに依頼をするのか悩みどころですが、メーカーと時計修理専門店と比較した際には料金や、仕上がり速度など色々メリットデメリットはありますが、正規メーカーに依頼する最大のメリットは「保証」の部分が大きいです。正規メーカーは製造が中止になっていない限りは、間違いなく修理をしてくれます。その点を踏まえてオーバーホールの依頼をするのも良いのではないでしょうか。

2022.07.19
ロレックスのオーバーホールを依頼する場合、正規メーカーは1~2か月で行ってくれます。ゼウスに依頼する際は、モデルによっては早く仕上がる事もありますが、基本的には3週間ほどお時間をいただきます。3年~4年も使用すると、パッキンの劣化も含めてパーツ内部もオーバーホールする事でどこが摩耗しているのか、劣化しているのかが見えてきます。

2022.07.12
ロレックスの性能が良すぎる故に、オーバーホールのタイミングがわからない方が多く、機械式であれば3~4年に1度、クォーツであればせめて4年に1回をオススメします。使用頻度にも影響されますが、適切なタイミングでオーバーホールを行うのが良いです。あくまで目安の期間ですが、その間に不具合が出る事もありますので、ロレックスの使用状況などを見てオーバーホールを依頼するのが良いです。

2022.07.05
ロレックスの腕時計に限った事ではないのですが、時計は100以上の部品で構成され、それを一流の職人が組み立てています。部品は摩耗を予防するために必ず潤滑油が塗られていますが、潤滑油とて劣化をし、時には時計に不具合をもたらす事もあります。ロレックスが特別に性能よくても潤滑油が劣化してしまうと部品同士が摩耗してしまい故障の原因になる事もあります。高級な時計ほどきちんとオーバーホールを行いましょう。

2022.06.28
オーバーホールとは、主に機械のメンテナンスを指します。普通のメンテナンスは主に外観だけを見る事が多く、オーバーホールの場合機械であれば部品の1つ1つの点検をし、洗浄から修理も含めて、再度組み立てます。ロレックスの腕時計はかなり精密に組み立てられていますので、オーバーホールをする事で長持ちさせる事が出来ます。

2022.06.23
時計修理ゼウスでは、人気があり依頼も多いオメガのオーバーホールですが、実際ご料金が安いので粗悪なパーツを使っているのではないかと変な問い合わせも稀にありますが、実際は、円安が進む前から可能な限りパーツを購入しストック分を使用する事で料金を安く抑えております。実際にメーカー依頼と比較していただいてもご納得いただける価格設定とさせていただいております。

2022.06.16
オメガのオーバーホールは数多くある時計関連の中でも群を抜いて多い依頼です。コーアクシャル機構は非常にスキルを要するため、実際依頼をしても対応不可となる時計修理店が多い機構です。そうした上でパーツ供給の問題もさることながら、オメガのオーバーホールは非常にご依頼が多いです。他店で断られても当店にご相談いただければ可能な限りご対応いたします。

2022.06.09
オメガの時計を購入したら、オーバーホールという考えも必要です。なぜ時計にオーバーホールが必要なのか、モデルによって費用の差があるのか?どこに依頼するのがいいのか?悩みだしたらキリがありません。しかしながらゼウスはそのような些細な疑問でも細かく対応させていただきますので、オーバーホールの際はぜひお問合せください。

2022.06.02
近年、円安などにより海外でのパーツ取り寄せなどの金額も高騰してまいりましたが、ゼウスではオメガのオーバーホールのみならず、他ブランドの時計でも一人でも多く、可能な限り利用していただきたいと思い、価格設定についてはリーズナブルな価格帯に設定させていただいております。オーバーホールについて金額などの心配がございましたら一度お問合せなどによりご予算などのご相談も可能です。

2022.05.25
ロレックスのオーバーホールの他に研磨などのご相談がありますが、実際は高性能の防水機能を備えてるロレックスですが、3~4回ぐらいが限界だと思います。それ以上研磨を行ってしまうと、売りである防水性が著しく低下してしまうためオススメできません。それ以上の研磨をするぐらいなら部品そのものを交換するのがオススメします。

2022.05.18
ロレックスの腕時計は非常に精度が高く、防水機能も屈指の性能を備えています。定期的にオーバーホールを依頼したいけど、正規店に依頼すると高額になるゆえにオーバーホールを控える方もいますが、モデルや使用状況によって頻度は異なりますが、実際は最低でも5年以内に1度はオーバーホールを依頼するのが良いです。

2022.05.11
ロレックスのオーバーホールっていくらかかりますか?などのお問合せを多くいただきます。ご安心して頂きたいのはもちろんですが、ロレックスゆえに多少高額になる特徴があります。モデルによって基本料金もそれぞれ違ってきますので、詳細などをお問合せしていただければご回答を致します。ご不明点はお問合せフォームをご利用いただければと思います。

2022.04.27
ロレックスの時計と言えば高性能かつ高品質です。ロレックスを初期段階に戻せるようにオーバーホールを行うには、部品の洗浄は必要不可欠です。超音波洗浄をし、不純物を全て取り除きます。そして、洗浄した部品を乾燥させた後にムーブメントを組み直し、注油などを行います。精度などの調整も行います。

2022.04.20
ロレックスに限った話ではないですが、高性能な時計ほどムーブメントもそれだけ複雑になっています。オーバーホールを行う際に必要不可欠なのがムーブメントの分解からはじまります。ムーブメントは完全に分解され、全ての部品を細かく検査を行い、ムーブメントに装着する部品としての基準が満たない部品については交換を行っていきます。

2022.04.13
ロレックスのオーバーホールについては、入念な準備を行い、オーバーホールに着手いたします。まずはブレスレットを外し、ケースからダイアルと針がついた状態のまま、ムーブメントの取り外しを行います。オーバーホールでは、ムーブメント、ケース、ブレスレットにそれぞれの作業があり、全ての工程を終えたのちに再び組み立てられます。

2022.04.06
ロレックスのオーバーホールについては、まずは時計の状態を細かく入念に点検を行い、必要な作業の見積書を作成します。見積もり内容について、ご説明後にご理解した上でご理解いただいた後にロレックスのオーバーホール・修理が開始されます。決して、お客様の大事な時計を無駄でオーバーホールを行う事はございませんのでご安心したご依頼いただければと思います。

2022.3.29
ロレックスのオーバーホールの際、文字盤のエイジングはそのままという要望があります。もちろん細かい要望などございましたらヒアリングさせていただいてご満足いただけるオーバーホールをご提供いたします。ロレックスの時計は繊細ですので、ご要望に可能な限り対応させていただきますのでご安心ください。

2022.3.22
時計修理ゼウスではリーズナブルにロレックスの修理をはじめ、オーバーホールを提供しています。オーバーホールの敷居を高く感じる方は多く、購入時は憧れのロレックスを手にする事で後のオーバーホールを考える人は実はそう多くないのです。購入後にオーバーホールの敷居の高さで売却してしまう方もいるぐらいです。そうならないためにも時計修理ゼウスは敷居を低くすることでオーバーホールを気兼ねなくできればと考えています。

2022.3.15
ロレックスのオーバーホールの基本料金につきましては、ケースの素材がゴールドやプラチナなどでも変わってきます。GMTなどの機能があると価格も多少変動したりします。基本料金とパーツ代によって交換する物が多い場合、金額も変わってきます。ロレックスの正規依頼と価格を比較していただいても当店はリーズナブルでオーバーホールが出来るように設定させていただいております。

2022.3.8
ロレックスのオーバーホールと聞いて連想するのは、ロレックスに直接依頼をまず思い浮かべるのではないでしょうか。ロレックスに依頼する方法としては、直接持ち込むか、郵送で無料の見積もりが一般的です。時計修理ゼウスでは基本的にロレックスのオーバーホールは郵送で無料の見積もりキットを送付してお預かりして見積もりをさせていただいております。お気軽にご利用ください。

2022.3.1
ロレックスは定期的なオーバーホールが必要な時計です。とはいえ、そこの部分のお金を惜しんで、長期的に使用し続ける方が非常に多いのも現実的にあります。そのような使い方をするとロレックスいえど、劣化が早まってしまいます。大切なロレックスだからこそ、動いているという適当な指標ではなく定期的なオーバーホールをオススメします。

20222.2.24
ロレックスのオーバーホールの頻度についてわからないと考える人が多いのは確かです。預ける、任せる工房の技術も見えない事も多く、不安に感じる事もあると思います。とはいえ、そのままにしても刻々と内部のムーブメントも劣化してきます。いくらロレックスが高性能でも基本的に3~4年に1度はオーバーホールをしてあげる事で愛用するロレックスもうまく稼働するようになります。

2022.2.22
ロレックスのオーバーホールは、所有を開始したその日ではなく、なんとなくっていう気持ちの方が多いと思います。正規店なのか、専門店なのかで料金も違ってきます。ロレックスに任せたいけど値段が想定よりも高かったり、いまいちどこがいいのかもわからないそんなお悩みがあると思いますが、そういう時は問い合わせるのが一番の方法です。

2022.2.15
ロレックスと言えば、腕時計ブランドとして現在では知らない人はいないほどの高級時計の地位を確立した最高峰の時計ブランドです。自動巻き機構のパーペチュアル機構、防水機能のオイスター、デイトジャスト機構など数々の魅力を出してきました。このような時計でも性能が良かれでもオーバーホールは必要です。動かなくなったり、修理するのにオーバーホールをする事で元に戻る事が可能です。

2022.2.8
ロレックスと言えば今は機械式自動巻きムーブメントですね。機械式時計は非常に細かいパーツが精密に組まれて動く仕組みゆえに、定期的なオーバーホールは必要不可欠です。オーバーホールをケチったり、怠るとパーツは次第に劣化していき最後は壊れるか動かなくなります。ご使用の状況によっても変わりますので、定期的にオーバーホールをオススメします。

2022.2.1
みなさんはロレックスの時計をどれぐらい愛用していますか?人によって愛用の期間は違ってきますが、オーバーホールの推奨期間は基本的に4年に1度です。この4年に1度のオーバーホールはすごく重要で、時計にとっては異常を発見するための時期とも言えます。意味もなくオーバーホールする意味ではなく、点検をしないと故障トラブルに見舞われる可能性があるからです。ロレックスの高性能をもってしても故障するときは故障します。

2022.1.27
オメガの腕時計は、定期的なメンテナンスが必要としています。潤滑油と言えば一種類に限らず、何種類もの潤滑油を使用します。定期的なオーバーホールが必要というのも、この潤滑油が経年する事で劣化してくるからでもあります。油が乾燥すると部品同士の摩耗が起きますし、精度も狂います。そのまま使用するとオメガいえど、破損を起こし、最後には止まってしまう事もあります。

2022.1.25
ロレックスのオーバーホールは、修理というイメージを持ちますが車でいうところの車検になります。つまりオーバーホールして新品同様の性能に戻す事でもありますので、トラブルが起きてからオーバーホールするのではなく定期的なメンテナンスの意味で推奨をしています。ロレックスの腕時計いえど、4年に1度は定期的にオーバーホールをオススメしています。

2022.1.20
ロレックスを長く愛用するにあたってオーバーホールはもちろんですが、もう一つ気を使いたいのが「外装」ではないでしょうか。普段使いしていく中で生まれる小傷などはどうしても時計の見た目を損ねる事もあります。せっかくのロレックスを所有しているのであれば、出来るだけ購入当初の美しい状態で長く愛用したいところです。ロレックスの外装仕上げのみのご依頼もございますのでお悩みでしたらご相談いただければ対応が可能です。

2022.1.18
時計のオーバーホールとは、時計を分解し、故障箇所がないか点検した上で、問題があればそこを修理する事を指します。ロレックスの時計の場合、最低でもオーバーホールは4年ぐらいに1度を行うのが適切です。高級時計を所有するという事は、オーバーホールが必然と付き合う事でもあるのです。時計を使えば使うほどパーツに負担は当然かかり、精密に組み合わさっている機械式の時計はメンテナンスもその分重要なのです。

2022.1.11
ロレックスの自動巻きは非常に優秀です。オーバーホールをするとその作りは高精度というのがわかるほどよくできたムーブメントです。優秀なあまり、長期でオーバーホールを怠るケースが多く、壊れてからオーバーホールを出される方が多いです。しかし実際のオーバーホールの周期としては4年ぐらいが妥当であり、この部分をケチると高くついてしまう事も多いので定期的なメンテナンスを行いましょう。

2022.1.7
ロレックスは一般的な時計と比較すると、自動巻きのパーペチュアル機構、防水機能のオイスターケース、日付が切り替わるデイトジャスト機構などがあります。ムーブメントについてはクロノメーター規格を厳密にクリアしたものだけが出荷されます。壊れにくく、実用性では申し分ないロレックスゆえに酷使しがちな時計だからこそ、オーバーホールやメンテナンスは定期的に行うのが最適です。

2022.1.4
ロレックスのオーバーホールは何年周期ですればいいのか、悩む方は結構いますが、結局のところは潤滑油の事もありますし、常に動いているわけですから使用状況もありますが、オーバーホールは基本的に4年以内ぐらいで見るのが妥当です。時計の精度と防水性能を維持するために、定期的にオーバーホールを依頼していただくことをおすすめしています。

2021.12.23
ロレックスを愛用していて突然稼働が悪くなった、そんな方は割と多いです。でも初めて不具合が起きたときメーカーにもっていくのかどうするのか、わからない方も実は多いです。基本的には4~5年に1度はオーバーホールを行うのがベストです。「ロレックスの修理依頼をしたいけどどうすればいいのか」ぜひ一度お問合せください。可能な限りご要望に合わせて対応させていただきます。

2021.12.21
時計修理ゼウスでは、数多くの高級ブランド時計の修理・オーバーホールを年間数千本以上、扱います。その中でもロレックス・オメガは群を抜いて多くのご依頼をいただいております。 メーカーで修理不可とされたロレックスでも、ご依頼いただければ基本的に対応は可能としていますので、一度時計修理ゼウスまでお問合せください。

2021.12/16
ご愛用のロレックスを1日でも長く愛用していただくためには最低でも4年に1回はオーバーホール(分解洗浄)が必要とされています。ロレックスに限定せず、どのブランドでも精密な時計であり、小さな歯車からネジの1つ1つも摩耗であったり振動で稼働しつつ劣化も起きます。そんなロレックスであっても同じ事で人なら人間ドッグに行くのと同じ、オーバーホールをする事で、不具合を見つける事もできて正しく稼働するようになります。

2021.12.14
ロレックスのオーバーホールの頻度をよく質問される事が多いのですが、基本的に潤滑油の事を考えれば3~4年です。たしかにロレックスの時計は非常に精度も良く、他の時計の追随を許さないほど完璧にできてはいますが、それでもロレックスですら、オーバーホールは推奨しています。つまりどんな時計でもオーバーホールは必要不可欠です。

2021.12.9
時計修理ゼウスではロレックスのオーバーホールは、外注せずに、工房にてムーブメントを分解したのち洗浄をし、責任をもって調整をさせていただきます。精度の点検をはじめ、防水検査、巻き上げの点検も徹底して行いますので、必ずお客様にご安心してご利用いただけるように最高の状態でオーバーホールの仕上げをさせていただきます。

2021.12.2
ロレックスのオーバーホールのご依頼で古ければ古いほどパーツの製造も無くなっていますし予備のパーツも段々減っていきます。製造中止でもない限り、ロレックスの方でも部品交換も行います。しかし古くて製造が終わっている場合とそうはいきません。受付不可になる事もありますが、ゼウスではそのようなロレックスだった場合のご相談をいただければ対応する事が可能です。

2021.11.25
ロレックスの正規修理はメーカーゆえに安心感はありますが、値段の面、つまりランニングコストを考えると高いと考える方が多いのも事実です。オーバーホールについては民間の時計修理業者に依頼するのも一つの手段です。ロレックスの正規サポートと同等のクオリティを当工房は非常にリーズナブルにオーバーホールする事が出来ます。

2021.11.18
今市場にあるほとんどのロレックスは機械式の自動巻きのムーブメントが採用されています。機械式は様々のパーツで精密に構成され稼働しているので、メンテナンスは欠かせない時計です。自動車に車検、人間は人間ドッグといったようにロレックスいえど、オーバーホールが必要です。外部からは見えなくても4~5年経った内部は劣化しますので、オーバーホールは定期的に行いましょう。

2021.11.16
オメガのオーバーホールは通常のムーブメントであれば、「3~4年」、コーアクシャルムーブメントなら「8~10年」とは言われていますが、実際は潤滑油の事を考えれば「3~4年」が妥当です。オーバーホールの費用、つまりランニングコストを考えたときにスピードマスターであれば月平均700円コスト程度です済みますので非常にリーズナブルな時計と言えるでしょう。

2021.11.11
トラブルに見舞われてからロレックスをオーバーホールに出すより、トラブル前にオーバーホールをしたほうが実際は、安く済む事が多いです。基本料金は変わりませんが、そこにパーツ代などがかかります。パーツ単位で分解し、クリーニング、再組立てを行い、新品時の性能状態に戻すのがオーバーホールです。壊れにくいとされているロレックスでも年数が経てばオーバーホールは必要になってきます。

2021.11.9
オメガのオーバーホールでは、ケースからムーブメントを取り出し、分解洗浄をし、歯車にオイルを塗り直す事もしますし、パーツに問題があればパーツ交換を行います。とても小さい機構ですので、細かい作業を要します。そうして超音波洗浄で綺麗にしたのち、オイルを挿しつつ、元通りに組み上げていきます。組み立て後は精度、防水性などのチェックを複数行ってオーバーホールが完了します。

2021.11.4
ロレックスのモデルの大半は機械式自動巻きのムーブメントが多いです。機械式時計は細かいパーツで精密に組まれて稼働する仕組みになっております。ですので、定期的のオーバーホールを必要とし、面倒とかお金を渋ると次第に内部パーツは悲鳴を上げていきますので、それぐらいロレックスのパーツはナイーブなのです。使用状況で違いはあれ、ロレックスであれば3年程度のオーバーホールをオススメします。

2021.11.2
ゼウス時計修理では、複数のブランドのオーバーホールを行っており、その中でもオメガのオーバーホールを最も扱っており、オメガ独自のコーアクシャルのムーブメントでもオーバーホールのご依頼も多くなってきております。不良時に交換する歯車等の内装パーツにつきましては、純正部品を使用しております。

2021.10.26
オメガのオーバーホール料金は、メーカー正規的でもメデルよって金額は異なってきますし、大体は5万円を軽く超えてくる事が多いです。そこにパーツ交換代などが入る事で最終的に金額は10万行くことが多いです。時計修理ゼウスでは、オメガのスピードマスターをはじめ、各コレクションでもリーズナブルな金額を提供しております。

2021.10.19
オーバーホールと時計修理は別物です。オーバーオールをする際に修理という部分が発生するのであって、人で例えるのであれば人間ドッグにあたります。大事な時計であれば、定期的なメンテナンスが必要なのです。日常生活で雨水に晒されたり、皮脂の油で汚れたり、錆びたりします。そうならないたまに、時計には防水対策としてゴムパッキンをしようしますが、ゴムも劣化していきます。定期的なオーバーホールで交換するのがベストです。

2021.10.12
オーバーホールを疎かにするとどうなるのか、簡単に説明すると、潤滑油が劣化し、歯車の摩耗が通常時より大きくなり、さらに潤滑油の劣化により、歯車同士がすり合い金属部位が削れてきます。そこから歯車同士のかみ合わせが悪くなり歪み、そして歪みの影響によって各所の時計パーツが大きなダメージ負います。少なくても潤滑油は3~4年で劣化してきます。こうなる前にオーバーホールをオススメします。

2021.10.05
オメガの正規修理店でのオーバーホールと民間修理業者のオーバーホールの金額を比較した時、ものすごい差異がありますし、依頼を躊躇する事は普通にあります。オメガのコンプリートメンテナンスの安心感は保有者としては一番気にするところですが、実際のところのランニングコストを見たとき、少し高いと感じる方はやはり多く、そのような場合、当工房のような民間修理業者を探す人もかなり数がいます。オーバーホールは時計を正しく稼働させるための方法ですので、オーバーホールは悩まずご相談するのが正しい愛用方法です。

2021.09.28
オメガの時計のオーバーホールを考えた時に選択肢としては、オメガの正規修理サービスを受けるのか、正規修理ではなく、民間業者に依頼するのかの2択になってくると思います。時計修理ゼウスは民間修理業者ですので、正規修理と修理金額を比較した時の値段は格段に下がりますが、修理の質は純正パーツを扱いますのでご安心いただけるオーバーホール&修理をご提供できます。スピードマスターをはじめ、オメガの時計全般の取り扱いが可能です。

2021.09.21
オメガの機械式時計は非常に需要が高く、人気がある時計です。購入した同時に「ランニングコスト」が発生します。それは定期的な”オーバーホール”の必要性があります。機械式時計は細かいパーツが精密に組み込まれて、動く仕組みになっているので定期的なオーバーホールが必要なのです。まだ動く、まだ動いているのではなく、定期的なオーバーホールをする事でちゃんと動くようになります。

2021.09.14
機械式時計とクォーツの違いはオーバーホールの頻度と必要性にあります。機械式時計の主に車と近い意味で2年に1度の車検が必要となる車と似ていて、機械式時計を愛用するのであれば3~4年に1度、定期的なオーバーホールをする必要があります。購入店に相談すればいいのか、それとも専門店にもっていったほうがいいのか、そのような悩みがございましたら時計修理ゼウスにご相談ください。

2021.09.07
オメガのオーバーホールでご依頼の際、モデルによってオーバーホール費用に違いがあるのか?と問い合わせがありますが、モデルによってオーバーホールの金額、料金に違いはありますが、都度ご相談いただければご対応できる範囲で対応しております。電話相談、LINE相談できますので、ぜひご相談ください。

2021.09.02
オメガのオーバーホールは年間でも最も依頼が多く、時計修理ゼウスはご依頼いただいた分だけオーバーホールの依頼を捌けています。純正のパーツも年々市場では少なくなっているという声もありますが、パーツ供給に関しても安定して仕入れる事が出来ていますので、オメガのオーバーホールの際は、こだわりも含めてご相談いただければご対応いたします。

2021.08.31
オメガのスピードマスターはスポーツウォッチの中でもベストセラーのごとく販売され、本数も数えきれないぐらい世の中に普及されました。時計修理業界ではオーバーホールが難しい時計としても知られていますが、当工房は年間、1000本に近い数のスピードマスターのオーバーホールを行っております。スピードマスターのオーバーホールのご相談はLINEからでも可能です。

2021.08.26
オメガのオーバーホールや修理料金について安いと言われる事をありますが、オメガのユーザー様がそれだけ多いからこそできる価格設定です。当社は定期的にオメガパーツの在庫を確保する事が出来るため、オーバーホールの際に修理が発生してもパーツ交換を柔軟に対応する事が可能です。ゼウスとしてはリーズナブルな価格設定で確かな技術をご提供したいと思っております。

2021.08.24
オーバーホールと修理の違いは似ているようですが、オーバーホールは、時計の部品を全て分解し、時計内部の隅から隅まで洗浄や点検を行い、時計本来の動作を取り戻す事を目的としています。その作業点検の結果、異常を発見した時、修理や部品交換をする事になります。基本的には元のパーツを洗浄して使います。

2021.08.19
オメガの時計は高品質、高機密で時計として非常に優れています。いいものを長く使い続けるにはメンテナンスが当然欠かせない事になります。それがオメガに限らずとも同じ事が言えますし、必然性を疑う余地はないとゼウスは考えています。精密機器でありながら衝撃や湿気など多様な環境に晒される腕時計は、3~4年に1度のオーバーホール(分解洗浄)は必要不可欠です。

2021.08.17
普通の時計であれば、クォーツで電池交換だけで簡単に終わりますが、オメガの機械式の時計ですと、中の構造が非常に複雑でオメガの機械式時計であれば3~4年に1度はオーバーホールを推奨します。この期間内でオーバーホールはほぼ必須と考えてもいいでしょう。いわば、オメガのオーバーホール代は「ランニングコスト」として考えてもいいと思います。

2021.08.05
スピードマスターの機械式時計は、細かいパーツが精密に組まれて稼働しているため、車のように定期的なオーバーホールが実は必要なのです。この部分を怠ると、中の仕組みは動いているように感じますが、一部分で状態が悪くなってしまって、そのうち動かなくなります。オメガの時計は精密な分、問題が起きて修理をする前にオーバーホールをしたほうが実は費用対効果もいいのです。

2021.08.03
オメガのスピードマスターは世界最高基準のスポーツウォッチであり、ムーブメントが非常にシンプルにもかかわらず、高品質のケースによって高い耐久性を実現しています。 本来は過酷なレーシング競技に使用できる耐久性を基本コンセプトにしていますので、頑丈ではありますが、それでも精密機械ですので雑に扱ってもいいというわけではないです。定期的なオーバーホールを行う事で本来の性能を発揮しますのでオーバーホールは時計修理ゼウスにお任せください。

2021.07.29
時計修理ゼウスでは、修理・オーバーホール依頼の期間を設けておりますがスピード対応を希望される方が時々おりますので、スピード対応でのご依頼の際はお電話やLINE等にご相談ください。オメガの時計を長期で愛用する事はとてもいいのですが、定期的なオーバーホールを行う事は、修理をする必要も無くなるので、ぜひご検討ください。

2021.07.27
時計修理ゼウスはオメガのオーバーホールが一番多く取り扱っております。時計修理ゼウスは工房だけでなく、別に倉庫を保有しておりオメガの修理部品を可能な限り世界中から取り寄せて保管しております。ですので、オメガのオーバーホールのご依頼に対しては純正部品での修理の対応が可能となっております。

2021.07.20
時計のオーバーホールと言えば時計修理をすると思う方がとても多いのですが、実際は時計内部に異常がないかをチェックする点検作業と思っていただいたほうが正しいです。高級な時計ほど、定期的なオーバーホールが必要となってきます。精密機械は非常にデリケートですので、故障してからではなく3~4年に1度のオーバーホールをオススメしています。

2021.07.15
時計のオーバーホールは壊れてから行う物ではなく、定期的に行うべき事なのです。故障してから原因を探るのではなく、故障しないために行うのがオーバーホールなのです。 オーバーホールをする事で、見えない部分の汚れを取り除き、摩耗してしまった部品や防水性のためのパッキンなどを交換し、時計本来の性能を取り戻す事が出来ます。

2021.07.13
時計のオーバーホールは修理というより一度分解して中身を見る、人間で例えると健康診断のようなものです。時計内部の潤滑油の劣化をはじめ、ネジのゆるみ、汚れもたまりますし、汗による錆びが発生、ケース内部の腐食などもチェックが必要です。故障になりやすい原因というのは目に見えない事が多く、それらを取り除く事で時計の寿命を伸ばす事に繋がります。

2021.07.08
年間千本を超えるオメガのオーバーホール実績がありますので、オメガならではの故障にも経験豊富な知識、技術で修理を行っております。コーアクシャル機構に関しても、純正パーツが減っていると言われていますが、弊社としては一切妥協なく、純正部品での修理を行います。オーバーホールを含む修理に限定せず、風防やバックルの一部部分の修理も対応しておりますので、無料お見積りなどでご相談いただければ対応いたします。

2021.07.6
時計修理ゼウスは時計修理・オーバーホールの専門店になります。時計修理・オーバーホールに関しては、年間千件以上の実績があり、その中でもオメガは一番多くのご依頼をお受けしております。弊社の修理料金はメーカーと比較すると4割近く安くなっておりますが、決して価格の安さを最大のセールスポイントにはしておりません。

2021.07.01
オーバーホールの必要性は時計内部の状態を確認する事で、外からは確認する事が出来ません。潤滑油が蒸発してしまったり、凝固する事で部品同士が摩耗してしまい、精度を損ねてしまう事が多々あります。防水機能はパッキンが経年劣化してしまうと本来の防水機能を発揮できずに汗や水分の侵入が見受けられます。気になる点がありましたら時計修理ゼウスまでご依頼ください。

2021.06.29
時計修理ゼウスは東京に工房がありますが、全国から数多くのオーバーホールのご依頼をいただいております。フォームからお見積り依頼をしていただき、無料梱包キットをご注文いただければスピーディに対応させていただきます。オーバーホールのご依頼につきましてはお見積りを見ていただいてから決めていただいておりますのでご安心ください。

2021.06.24
どの時計にも言える事なのですが、オーバーホールのご依頼が来る際に多いのが、「購入してから一度もオーバーホールした事がない」という事です。オーバーホールと修理は完全に別物で、オーバーホールをする際に修理が発生しますので、愛用している時計ならば3~4年に1度はオーバーホールをオススメしています。

2021.06.22
オメガののコレクションで特に多いのがスピードマスター修理・オーバーホールです。時計修理ゼウスでは、アンティークモデルから現行モデルのコーアクシャル機構のオーバーホール依頼をたくさん受けていますが、他店でコーアクシャル機構で受付不可があっても当店にご依頼いただければご対応が可能です。

2021.06.17
オメガのはスピードマスター、シーマスター、コンステレーション、デ・ヴィルのコレクションがあります。時計修理ゼウスでは、オメガのパーツに関しては純正パーツを豊富にご用意しておりますので、可能な限り純正パーツでオーバーホールの対応させていただきます。

2021.06.15
時計修理ゼウスでは、オーバーホールの料金を安く感じますが、メーカー依頼と比較していただいてもご納得いただける価格設定となっています。そこから部品代を含めていくらかかるのか、見積もりを取っていただいて、ご依頼をいただいてからオーバーホールに入らせていただいてます。

2021.06.10
時計修理ゼウスでは「コーアクシャル機構」のオーバーホールも受付可能となっています。難しいとされている部品調達も問題なく供給ルートがございますので、他店で断られてしまった愛用の時計も当店にお任せいただければオーバーホール・修理対応は可能です。断られてもあきらめずに是非、時計修理ゼウスにご依頼ください。

2021.06.08
ゼウスのオーバーホールがリーズナブルな価格帯にできるのはオメガユーザー様が多いからこそできる価格設定です。お客様のオーバーホールの敷居を下げる事で定期的なメンテナンスをしていただくためです。1本1本丁寧にオーバーホール・修理を行っておりますので、見積もり後は丁寧かつ迅速に対応させていただきます。

2021.06.03
「ゼウス」ではオメガの時計修理・オーバーホールを承っています。オメガに限らず、メーカー正規のアフターサービスに修理などの依頼をするとまだ使える部品でも交換対象になる事もあるので費用がその分高くなる場合があります。「ゼウス」では何が必要なのかをお客様に説明した上で、ご了承いただいてからオーバーホールをいたします。

2021.06.01
オーバーホールの判断は基本的に3~4年に1度です。費用については、お使いの時計の状態で必要な期間や費用が大きく変動します。つまり大事に愛用しているオメガの時計を長持ちさせるためには、日ごろのセルフメンテナンスも重要であり、セルフメンテナンスは外側部分のみだけですので、オーバーホールみたいな内部洗浄は愛用する上で非常に重要なのです。

2021.05.27
オメガの時計を長期的に愛用するのであれば、機械式でもクォーツ式でも関係なく定期的なメンテナンスが必要です。つまりオーバーホールするのは壊れたてから、または異常をきたしてからではなく、問題なく使用している時に3~4年に1度のタイミングに行うものです。経年劣化はどんな物にもついてきます。

2021.05.25
オメガのスピードマスターは機能・デザイン・精度どれをとっても完璧です。精度が高い時計のオーバーホールほど細心の注意が必要ですし、供給パーツが市場に流れていたのは一昔前で、現在は供給停止している状態です。当店では独自のルートを確保していてオメガの時計であれば基本的にお断りする事はございません。

2021.05.20
時計のオーバーホールの基本となるのは技術面や安心感、価格などを比較して総合的に考えると、ベストな依頼先は時計修理専門店となります。しかし時計修理専門であればすべてが高い技術力があるとも限りません。過去の実績や電話相談などできちんと疑問に答えられるかが大きなポイントとなってきます。

2021.05.18
オメガの腕時計の最適なオーバーホールの期間は、機械式時計であれば3~4年に1度、電池式時計で4年に1度、コーアクシャル機構であれば8~10年に1度といわれています。コーアクシャル機構は、時計のメンテナンス頻度の軽減を目指して開発されたため、摩耗が少なく壊れにくいのが特徴です。それでも中の潤滑油の事もあるので、4年~5年に1度のオーバーホールが妥当と言えます。

2021.05.13
オメガのオーバーホールに限定せず、他種の高級時計のオーバーホールを行っております。 いままで数多くのオメガのオーバーホール・時計修理を行ってきましたが、当店の強みとしましては、国内では取り扱いが出来ないオメガの修理でも数多くのオーバーホールを行ってきました。スピードマスター・シーマスター・コンステレーションなど安心してご依頼いただければ対応できます。

2021.05.11
オーバーホールは修理という括りではなく、大切な腕時計と末永くお付き合いするために行う事であり、壊れたからといってオーバーホールをするわけではありません。腕時計本来の性能、輝きを取り戻すために、時計修理ゼウスはオーバーホールに全力を尽くさせていただきます。他店で断れてしまった、オメガの腕時計の修理・オーバーホールは是非、時計修理ゼウスにお任せください。

2021.05.06
大事にしていたオメガが突然動かなくなったり、落とした拍子に壊れてしまった、時間がかなりずれてしまった。こういった声はオメガに限らずどの時計にもいえる事です。時計は精密な機械であり、G-ショックのように落としても大丈夫な設計にはなっておりません。時計修理ゼウスはこれらのお困りの方に対して解決する技術と経験と実績があります。時計修理はゼウスにお任せください。

2021.04.29
オメガのスピードマスターの修理・オーバーホール専門店ゼウスでは、アンティークモデルから現行モデルのコーアクシャル機構まで、何千もののスピードマスターのオーバーホールの依頼を請け負ってきました。他店では断られやすいオメガのコーアクシャル機構についても純正パーツで最高のメンテナンスを保証いたします。オメガのオーバーホールについてはゼウスにお任せください。

2021.04.27
オメガのスピードマスターのオーバーホール基本料金はリーズナブルな価格設定にさせていただいております。けれど部品代や工賃が上乗せされて、結局高額な修理になると感じる方もございます。 ゼウスでは、最終的にお客様がお支払いしていただく金額をお問合せにして回答させていただいて、なおかつ電話でのご相談も可能です。ほとんどのお客様が直接お電話し、質問して納得される事が多いです。オーバーホールは見えない作業だからこそ分かりやすくご説明させていただきます。

2021.04.22
オメガはスピードマスターだけでなく、シーマスター、コンステレーション、デヴィルといったたくさんのコレクションを有しており、スピードマスターだけでもたくさんのモデルがあります。一つのコレクションの中からでもこれほどモデルがたくさん存在するのは中々なくそれだけユーザーも多い事を意味します。当店はオメガのスピードマスターに限定せず各コレクションのオーバーホールに関しても独自のルートでパーツを供給しており対応不可という事はほとんどございません。

2021.04.20
時計修理専門店にオーバーホールを依頼するメリットは、正規メーカーと比べると比較的に価格設定が依頼しやすい金額となています。自社工房があるところは技術力を向上できます。さらに独自のネットワークがある当店では、オメガのオーバーホールの時計であれば基本的に受付不可はございません。オメガにも色々な仕様の時計がありますので、LINEなどでお問合せも可能です。

2021.4.15
オメガのオーバーホールの依頼先を選ぶ時、3つに分けられます。正規メーカー、時計修理専門店、家電量販店にわけられ、それぞれにメリット・デメリットありますが。料金だけを見るなら正規メーカー>家電量販店>時計修理専門店の料金になります。リーズナブルにオーバーホールをしたい場合、時計修理専門店に依頼するのが一番お得と言えます。

2021.4.13
オメガのオーバーホール周期は「コーアクシャルムーブメント」であれば「8~10年」と推奨されていますが、内部の潤滑油の事を考えると4~5年に1度はオーバーホールをする事が良いです。 細かい機械式のパーツの強度を踏まえて8年以上とはなっていますが、高頻度で装着するのであればやはり最低でも4年に1回のオーバーホールを推奨します。

2021.4.8
機械式は3~5年に1度、クォーツ時計は4年に1度のオーバーホールをオススメします。 あくまで一般的な目安であり、オメガ時計がすべてに該当するわけではないですが、着用時間の長さや、使用頻度によって時計の消耗具合も変わってきます。少しでも時計の不調を感じたら時計修理ゼウスにご相談ください。一般的な目安に関係なく、オーバーホールは定期的な時計のメンテナンスです。

2021.4.6
オメガの時計は、オメガ独自の「コーアクシャル機構」のムーブメントを採用しています。「コーアクシャル機構」は、摩耗が少なく壊れにくく、オーバーホール期間も長く済むのが特徴なのですが、非常に複雑な構造ですので、それを扱える技術をもつ時計職人の腕が必要とする時計なのです。ゼウスはオメガの「コーアクシャル機構」でもオーバーホールを得意としていますので、お困りの際はお問合せください。

2021.3.30
オメガのオーバーホールを出す時に目安になるのは、主に料金、スピード、技術力の3点ではないでしょうか。安ければいいという物でもないですし、仕上がりだけが早くてもいいというわけでもなく、やはり技術力のウェイトが重いです。この頃、コーアクシャル機構は受付不可のところも増え、技術力を懸念する工房が増えているのも事実です。技術力が低いと最悪の場合、症状が悪化する事がありますので、大事な時計のオーバーホールをご検討の際は時計修理ゼウスにお任せください。

2021.4.2
自動巻きの時計ってつければ自動で巻かれて自動で動く。購入して数年はその通りなのですが、時間経過とともに内部劣化を起こします。時計内部の状態は、外から確認する事は出来ませんし、裏蓋が透明になっているからといって普通の人はわかりません。潤滑油が蒸発している可能性もありますし、部品同士が擦れてしまって傷ついたりする事で時計本来の精度が損ねる事があります。愛用している時計だからこそ3~4年に1度はオーバーホールをしていただきたいものです。

2021.3.26
オメガのオーバーホールについてですが、「なぜ時計にはオーバーホールが必要なのか」「モデルによってオーバーホール費用に違いはあるのか」「どこに依頼すればいいのか」「オーバーホールする際はどうすればいいのか」悩みはたくさんあると思います。ゼウスではそのような疑問でも細かく対応する事が可能ですので、ぜひお問合せください。

2021.3.19
ゼウス行ったオーバーホールについては、12ヵ月間保証されています。万が一不具合が生じた場合は、保証対象内の不具合であるとゼウスで判断した場合には再度部品の交換や調整等のサービスを無償でご提供いたします。 通常使用による摩耗や損傷、事故や過失によって生じた故障や損傷は保証の対象にはなりませんのでご注意ください。

2021.3.12
オメガウォッチは愛用する方は、その性能ゆえにオーバーホールをそこまで重要視していない事が多々見受けられます。本来どんな高級時計もオーバーホールは3~4年に1回は必須になります。中の潤滑油の劣化が最大のポイントです。防水についてもガスケット経年劣化や日常の生活環境によっても変化いたします。些細なメンテが長期愛用の秘訣です。オメガの時計全般対応しておりますので是非ご相談ください。

2021.3.6
オメガのオーバーホールの周期は3~4年として考えるのが妥当です。オーバーホールは修理と違って、稼働開始当時の状態に極力戻していく事で、修理とは異なります。しかしオーバーホールを修理と考える人もいますが、それはオーバーホールをする際に修理が必要になった一部にすぎません。オーバーホールをし、ポリッシュ仕上げをした後綺麗になった時計で皆さんのモチベーションがさらに向上できるように時計修理ゼウスはご協力致します。

2021.3.4
時計修理ゼウスでは、他店から修理をお断りされてしまった時計の取り扱いが多いです。例えばオメガのコーアクシャル機構の修理、オーバーホールの依頼はパーツ供給の関係で取り扱い不可のところが増えてきているためです。独自の純正パーツを供給できるからこそできるサービスです。オーバーホール、時計修理をお考えの際はご相談ください。